アタマジラミ 小さな子供

アタマジラミは小さな子供に多い

 

アタマジラミは小さな子供が感染しやすいことで有名ですが、大人にも感染します。

 

特にアタマジラミの家庭内感染は非常に多いので、気を付ける必要があります。

 

特に小さな子供で、親と一緒にまだ寝ている子は、非常に注意が必要です。

 

子供と一緒に添い寝をしている親が、アタマジラミに感染しやすくなってしまうからです。

 

やはりアタマジラミに感染してしまうのはシーツや枕などを共有したり、頭をくっつけて寝ている場合です。

 

子供と一緒に寝る癖がついている人は、アタマジラミの期間だけでも、感染者とは一緒に寝ないようにしましょう。

 

そして、小さな子供は、自分でアタマジラミを発見することは難しいので、頭を痒がる仕草が多くなったら、アタマジラミをしっかりチェックしてあげることも重要です。

 

親が気づかなければ、なかなかアタマジラミは発見できません。

 

また、アタマジラミは1日に3、4個も卵を産みますので、たった1カ月で100匹近くまでアタマジラミが増えてしまいます。

 

アタマジラミになってしまった時には、子供の洗髪をちゃんとしてあげて親がしっかりと駆除をすることが重要になってきます。

 

アタマジラミは、放っておいて解決する問題ではありません。

 

ちゃんとスミスリンシャンプーなどを使いましょう。

 

アタマジラミ009